税理士のデメリット

Pocket

税理士は会社経営で欠かせない存在ですが、残念ながら、どんなことにもメリット、デメリットがあるように、デメリットとなることもあります。当サイトは会社設立を考える皆様、会社設立されて間もない皆様を応援するためにあえてデメリットについて考えてみます。ご参考になさって下さい。

デメリットとして挙げられるのはまず、費用です。会社設立には、費用が掛かります。それだけでも大変ですが、税理士を雇うとなるとまたさらなる費用が掛かります。それが安いか、高いかは経営者の感覚や企業の利益にもよるでしょう。一般的な相場ですと、定期的に税理士が訪問する場合、1回5000~1万円、記載代行は月に5000~1万円、給与計算は従業員1人あたり1000円です。年に1回の業務では決算申告確定申告は月額顧問料の4~6ヶ月分、年末調整は従業員10人まで基本料金2万円、給与計算は決算料に含まれます。

このような費用を高いと思う場合、格安税理士を頼むと言う方法があるのですが、この格安税理士にデメリットが3つあります。第一に巡回訪問がないこと、会計処理はノータッチ、経営相談はなしということです。これらを踏まえた上で、格安税理士を頼むと言うのも費用抑制のためには良いでしょう。但し、このデメリットが経営にどのような影響があるかもよくお考えになることもお勧め致します。

税理士のメリット

Pocket

税理士に会社設立に関しての相談をすることのメリットについて、ご説明いたします。会社設立をお考えの皆様、すでに会社設立を果たされた皆様、ご参考になさってください。当サイトは皆様を応援しております。

税理士の仕事の一つに会社経営のサポートというものがありますので、税理士の知識は会社経営の上で大いに活用すべきと言えるのです。そのメリットは、仕事柄、税理士は税金関連の問題に関して熟知していますので、一般的にはわかりにくい税金の法律について教えてもらう事が可能で、節税対策、経費の上手な運用等についても的確なアドバイスをもらえるでしょう。これらの事は会社経営に活かせますし、このようなサポートは税理士にしかできない事です。

このように税理士の知識を経営側のメリットに活かすことで、円滑な会社経営ができ、会社の利益へとつながると考えられるでしょう。つまり、信頼できる税理士であれば、会社の経営状態を経営者と共に把握し、助け合うことができるのです。経営者にとっては頼もしいパートナーとなること、間違いなしと言えるでしょう。このようなメリットを活かすかどうかは、信頼できる税理士に出会えるかどうかにもかかっています。このような人と人との良い関係は経営という数字上の問題にも関わってくるものなのです。人との関係は大事にしたいものです。

税理士に会社経営を相談

Pocket

税理士に会社経営を相談することが出来ます。どのような面で税理士がサポートしてくれるか、ご説明いたしましょう。その際、税理士の仕事について理解しておく必要がありますので、ここの記してみたいと思います。会社設立をお考えの皆様、すでに設立されたばかりという皆様、大いにご参考になさって会社経営にお役立てください。

税理士にのみ許されている業務は3つあります。第一に税務代理、第二に税務書類作成、第三に税務相談です。このように納税を助けると言うのが税理士にしかできない大事な役割と言えるでしょう。その他に税理士は企業の経営サポートに関わることも出来るのです。税理士は企業の経営相談に乗ることも仕事の一つです。企業と顧問契約を結び、月1回程度の訪問で税務処理や経営に関するアドバイスを行うのが主な仕事内容です。具体的には節税対策や経費の有効な使い方を教えてもらえますので、企業の収益を伸ばす担い手になってくれる可能性があるのです。

忙しい業務の中、節税や経費については経営者にとっては頭を抱えることですから、プロの助言は有難いものです。税理士はこのように経営者の良きパートナーであり、相談相手にもなってくれるのです。税理士のサポートを有効に活用したいものです。

会社設立時と税理士

Pocket

会社設立をお考えの皆様、すでに設立させたばかりという皆様に税理士との関わりについてご説明いたします。当サイトは、会社設立の皆様を応援しておりますので、ご参考になりますよう、税理士に会社経営をどのように相談すればよいか、税理士活用のメリット、デメリットについてわかりやすくお伝えいたします。税理士との関わりをお考えの皆様、ご参考になさって下さい。

税理士はその名の通り、税のプロフェッショナルです。税金は私たちの生活には欠かせないものですが、その内容は複雑でかつ専門用語が多くわかりにくいものです。税理士は、一般的には理解し難い税金の内容を心得ている頼もしい存在ですから、会社設立の際はその知識を大いに発揮して、税金に関する不安点について相談されると良いでしょう。特に設立時に掛かる税金がありますので、その手続きや内容に関してはプロの知恵をご拝借できれば、有難いものです。特に忙しい設立時は、税金の事以外にも、やるべきことは沢山ありますから、信頼できる税理士を見つけて、税金関連はお任せという形をとることができれば、会社としては助かることでしょう。

参考HP・・・会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所

それには、信頼できる税理士を見つけなければいけません。知り合いの税理士に頼むのも安心でしょうし、ネット等で探して新たな良い関係を結ぶということもありでしょう。いずれにしても、相性の良い信頼できる税理士を選んでおけば、会社経営の際の不安材料が一つ払拭されると言っても過言ではありません。日頃から、税金について関心を向け、いざと言う時に税理士の話が理解できるようにしておくことも大事です。会社設立という大きな夢を実現するにあたって、後悔のないよう、失敗のないよう、プロの手をお借りしましょう。